長距離での引っ越しをできるだけ安く済ませるコツ

CATEGORY

UPDATE LIST

2017年08月25日
一日で終われる長距離の引越しを更新。
2017年08月25日
長距離での引っ越しをできるだけ安く済ませるコツを更新。
2017年08月25日
長距離の引っ越しを素早く終えるにはを更新。
2017年08月25日
長距離における引越しの手間を考えるとを更新。

CALENDAR

2018年5月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

インターネットで見積もりをする

長距離の引越しは地元密着の中小業者より大手業者の方が安くなります。中小業者は引越し先に営業所がないために帰りは空のトラックで帰ってくるか、提携している他の業者に依頼することになるためです。大手の場合は長距離の場合、貨物などで運んで引越し先の営業所に引き継ぐので安くなります。
すべてトラックをつかうプランと、トラックとコンテナをつかうプラン、コンテナだけつかうプランがあります。自分で貨物の業者に引越しの依頼をすることもでき、安くできることが多く、独自のコンテナをもっている運送会社もあるので融通が利きます。また、同一方面の荷物をまとめて大型のトラックやコンテナで運ぶ混載便をつかうと安くできます。荷物がそろわないと配送されないので時間がかかりますが、大きな荷物だけ混載便をつかってすぐにつかう荷物は通常便をつかう方法もあります。
さらに、条件があえば他の荷物を運んだ後のトラックをつかう帰り便をつかうと安くできます。単身者や荷物が少ない場合は単身パックがあり、段ボールだけなら宅配便をつかって荷物を送ることもできます。いずれにしても、今はインターネットで引越しの一括見積りができますので複数の業者からの長距離の引越しの相見積もりをとるとよいでしょう。

引越し費用を安く抑えるテクニックとは

基本的に、引越しは遠くへ引っ越せば引っ越すほどお金がかかる代物です。だから、今いるところから500キロ先に引っ越す場合、それなりの料金がかかります。では、この手の長距離引越しを行う場合、高い料金を払うことを覚悟しなければいけないのでしょうか、結論から言うと、別にそう言うわけではありません。
長距離の引越しであっても、料金を安くする方法はいくつもあります。そのうちのひとつが、オフシーズンに引越しをする方法です。ひとくちに引っ越しと言っても、1月から12月まで全ての月が引っ越しシーズンというわけではありません。新学期が始まる4月より少し前、3月あたりが引っ越し界の稼ぎ時で、逆に10月とか6月とかはそんなに引越し需要が多くありません。引っ越しも飛行機のチケットと同じで、オンシーズンよりオフシーズンのほうが安くつきます。
なので、引っ越し時期をこちらで決められるなら、出来るだけオフシーズンに引っ越しましょう。この、オフシーズンに引越しをする以外にも、引っ越しオプションをはずす、いくつもの業者と料金交渉をする、などのテクニックを使うことで、さらに料金を安くすることができます。なので、長距離の引越しを行うなら、これらのテクニックを総動員して、出来るだけ安く引越しが出来るようにしましょう。

INFORMATION

一日で終われる長距離の引越し

混載便を利用する 長距離の引越しになると引越費用は覚悟しなければいけませんが、少しでも安くしたい。…

続きを読む

長距離での引っ越しをできるだけ安く済ませるコツ

インターネットで見積もりをする 長距離の引越しは地元密着の中小業者より大手業者の方が安くなります。…

続きを読む

長距離の引っ越しを素早く終えるには

自分に合った引越しプラン 大手引越しメーカーでは、長距離の引越しでも満足できる結果を残しています。…

続きを読む

長距離における引越しの手間を考えると

長距離の引越しは業者選びが重要 引っ越し先が同じ市区町村のような短距離引越はどこの業者に頼んでも良…

続きを読む